University e-Learning Association

UeLA大学eラーニング協議会

新着・お知らせ

日付 タイトル 種別
2016年9月26日 総会・フォーラム2016の開催について
総会・フォーラム2016を以下のとおり開催いたします.
  • 日 時:2017年3月17日(木)〜18日(金)
  • 会 場:帝塚山大学 東生駒キャンパス(奈良県奈良市帝塚山7-1-1)
  • テーマ:未定

*11月下旬より発表募集の開始,1月上旬より参加受付の開始を予定しております.

告 知
2016年4月13日 総会・フォーラム2015を開催しました.(2016年3月17日)
高大接続を見据えたICT活用

大学eラーニング協議会は,2016年3月17日(木)に信州大学で「総会・フォーラム2015」を開催し,加盟大学及び一般参加大学,長野県内の初等中等教育機関,企業を合わせ112名の参加がありました.

総会では,次期会長に穗屋下 茂会長(佐賀大学)の再任,次年度代表幹事校に帝塚山大学が選任された旨,報告がありました.また,次年度予算,規約改正が承認されました.

フォーラムでは,独立行政法人日本学術振興会理事長,文部科学省顧問,高大接続システム改革会議座長の安西 祐一郎氏をお招きしての基調講演が行われました.また,長野県教育委員会事務局 教学指導課 松原 雄一氏,ならびに,長野県佐久平総合技術高等学校 長原 正夫氏をお招きし遠隔授業の実践報告が行われました.

その後各会場に分かれ,個人研究発表・個別事例発表(14事例発表)がポスターセッションにて行われました.フォーラム終了後には懇親会を開催し,参加者同士で活発な情報交換が行われていました.

公開資料 

報 告
2016年2月20日 「総会・フォーラム2015」の参加受付を開始しました.
大学eラーニング協議会「総会・フォーラム2015」を2016年3月17日(木)に信州大学 長野(教育)キャンパスで開催いたします.

詳細はこちらをご覧ください.

参加申し込みはこちらからお願いいたします.

ポスターはこちらをご覧ください.

  1. 日 時:2016年3月17日(木)
  2. 会 場:信州大学 長野(教育)キャンパス
  3. テーマ:高大接続を見据えたICT活用
  4. 趣 旨:  今日,日本の教育は大きく変わろうとしています.初等中等教育の領域では,新しい時代にふさわしい学習指導要領の在り方が審議されています.また,新しい時代にふさわしい高大接続の実現に向けた高等学校教育,大学教育,大学入学者選抜の一体的改革についても検討が重ねられています.この二つの改革に共通することは,次の世代に生きる人々に必要とされる能力が育まれるように,学ぶ内容だけでなく,学び方や評価の方法をも変革しようとしているところです.  今回のフォーラム2015では,本協議会の共通のテーマである「ICTをいかに教育の方法として用いるべきか」について,現在,審議されている上記の教育改革の視点から再考することを企画しました.そのための基調講演は,中央教育審議会の前会長であり高大接続システム改革会議座長の安西祐一郎先生にお願いしています.  学習をよりアクティブにするためのeラーニング活用,コンピュータ・テスティングによる定期試験や入学試験の工夫,MOOCsやブレンディングによる学習効果の向上,蓄積された学習履歴の分析による授業改善,テレビ会議やeラーニングによる大学連携・高大連携の遠隔教育など,加盟各大学におけるeラーニングのこれまでの取組やこれからの構想についての発表を期待しています.  大学教育のみでなく,高等学校教育にも視野を広げ,大学教育改革そして高等学校教育改革の契機となるような場にできたらと考えています.
情報交換会
  • 会場:欅屋びくら
  • 時間:18:00~
  • 所在地 :長野市南長野末広町1355-5 ウェストプラザ長野10F(平安堂の上)
  • 電話番号:050-5845-5416
報 告
2016年1月13日 総会・フォーラム2015での「ポスターセッション発表」および「企業展示」の申込締切の延長について

2016年3月17日に信州大学で開催予定の総会・フォーラム2015での「ポスターセッション発表」および「企業展示」の申込み締切日の変更をお知らせいたします.


上記の申込締切を2016年1月22日(金)まで延長いたします.
関係の皆様にも周知いただけますと幸いです.
多数の発表申し込みをお待ちしております.

また,原稿の締切は2016年1月29日(金)で変わりありませんのでご注意ください.

ポスターセッション発表についてはこちら

企業展示についてはこちら
告 知
2016年1月13日 共通基盤教材公開セミナー及びFD・SDセミナーの開催について 報 告
2015年12月18日 総会・フォーラム2015での「ポスターセッション発表」を募集いたします 報 告
2015年12月18日 総会・フォーラム2015での「企業展示」を募集いたします 報 告
2015年12月17日 総会・フォーラム 2015の開催について 報 告
2015年2月2日 NPO法人CCCーTIES シンポジウム(2015.3.15)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
■ ■ 大阪中之島にて TIES シンポジウム 開催【 3/14(土)】■ ■ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

     デジタル教科書と教材流通による 
        高等教育の豊富化と質保証、そしてCHiLOの未来 

http://www.cccties.org/event/e20150314/ 

デジタル教材の流通は、高等教育の質向上と豊富化につながるとされ、現在、世 
界中 
から期待されている分野です。 
中でも、教材流通に重要な役割を果たすことになる電子書籍は、デジタル教科書 
の規 
格「EDUPUB」の整備により、今、最も注目されています。日本でも、日本電子出 
版協 
会(JEPA)、日本教育情報化振興会(JAPET&CEC)を中心にEDUPUBへの取り組みが 
始まろ 
うとしています。 
そうした中で、当法人が開発したラーニングシステムCHiLOは、世界的に見ても 
EDUPUB 
の先駆的な実装例であり、既に放送大学MOOCのプラットフォームをはじめとし 
て、幾 
つか実用的に利用されています。 
本シンポジウムでは、EDUPUB、電子書籍、OERなどの専門家が一堂に会し、高等 
教育に 
おけるデジタル教材の活用と流通の未来と課題に関して議論し、CHiLOの今後の 
役割を 
見極めます。 

…………………………………………………………………………………………………… 

【開催概要】 

■日 時:2015年3月14日[土] 
13:30~18:00 (受付・開場:13:00〜) 

■場 所:大阪大学 中之島センター 7F 703教室 
(大阪市北区中之島4-3-53) 

■参加費:CCC-TIES会員:1,000円 
非会員:2,000円 

■情報交換会:5,000円 

■主 催:NPO法人CCC-TIES 

■後 援:日本電子出版協会(JEPA)/大学eラーニング協議会/帝塚山大学 

■協 賛:株式会社きんでん / 株式会社mokha 
      株式会社内田洋行 / 丸善株式会社 
エル・ピー・ティー コンサルティング合資会社 
有限会社うえだうえおうぇあ / 東風情報技研株式会社 
        

■最新の詳細情報とお申し込みは 

⇒ http://www.cccties.org/event/e20150314/ 



【プログラム詳細】 
---------------------------------------------------------------------------- 

◆基調講演◆(13:35~14:25) 
 「デジタル教科書の最新動向」 
  上智大学 教授  田村恭久 

---------------------------------------------------------------------------- 

◆記念講演◆(14:25~15:05) 
 「学士力養成のための共通基盤システムを活用した主体的学びの促進」 
  千歳科学技術大学 教授  小松川浩 

---------------------------------------------------------------------------- 


◆パネルディスカッション◆ 
 「高等教育のオンライン化におけるデジタル教科書と教材流通」 
  座長:放送大学 教授  山田恒夫 
第1部:発表 

(15:10~15:30) 
 「教育のオンライン化と大学図書館」 
  千葉大学 教授  竹内比呂也 

---------------------------------------------------------------------------- 

(15:30~15:50) 
 「オンラインコンテンツにおけるDOIの役割」 
  国立情報学研究所 教授  武田英明 

---------------------------------------------------------------------------- 

(15:50~16:10) 
 「JEPAの電子教科書への取り組み」 
  日本電子出版協会事務局長  三瓶 徹 

---------------------------------------------------------------------------- 

(16:10~16:30) 
 「次期システムTIES V9とCHiLO」 
  NPO法人CCC-TIES 事務局長補佐  堀真寿美 

---------------------------------------------------------------------------- 


第2部:討論 

(16:40~17:30) 
  竹内比呂也 / 武田英明 /三瓶 徹 / 堀真寿美 

---------------------------------------------------------------------------- 

◆情報交換会◆(18:00~19:30) 
 同センター 9F 交流サロン 
 会費:5,000円 

報 告
2015年1月27日 大学eラーニング協議会・8大学連携合同FD/SDフォーラム開催について
  1. 日 時:
    2月20日(金)
    10:00~12:00 大学eラーニング協議会ワークショップ
    12:00~13:00 昼食
    13:00~16:30 8大学連携事業会議(*8大学関係者のみ)
    16:30~17:45 施設見学等
    18:00~20:00 情報交換会

    2月21日(土)
    9:45~18:00 8大学連携・大学eラーニング協議会合同FD/SDフォーラム

    2月22日(日)
    10:30~16:10 創価大学FDフォーラム

  2. 場 所:
    創価大学 中央教育棟
    東京都八王子市丹木町1-236
    http://www.soka.ac.jp/

  3. 申込先:
    renkei@guppy.chitose.ac.jp
報 告
2015年1月19日 大学eラーニング協議会・8大学連携合同FD/SDフォーラムのスケジュールの変更

大学eラーニング協議会・8大学連携合同FD/SDフォーラムのスケジュールの変更をお知らせいたします.

2月20日の創価大学での大学eラーニング協議会ワークショップ(内容:Solomon, Moodle, Maharaの使い方)は当初、10:00~15:00を予定しておりましたが,都合により10:00~12:00の午前中のみに変更いたします.

このワークショップは、本協議会加盟校以外の方でも参加できます.

報 告
2014年12月19日 「総会・フォーラム2014」の参加受付を開始しました.
大学eラーニング協議会「総会・フォーラム2014」を2015年3月13日(金)に大手前大学で開催いたします.

詳細は以下のとおりです.

参加申し込みはこちらからお願いいたします.

また,今年度の「総会・フォーラム2014」における,「個人発表募集」についてご案内いたします.昨年度同様に個人発表を募集いたしますので,詳細は下記をご確認いただき,ご希望の方はこちらから申し込みをお願いいたします.

参加申し込みページはこちら

発表申し込みページはこちら

  1. 日 時:2015年3月13日(金)午後
  2. 会 場:大手前大学 さくら夙川キャンパス本館(A棟)2階 A28教室
  3. テーマ:Open Educational Resources の潮流 ~教育のオープン化と著作権~
  4. 趣 旨: 近年,ITを活用した教育サービスを提供する企業「EdTech」の台頭により教育の オープン化が加速しています。Coursera や edX などに見られる MOOC(大規模オンライン講座)は世界的規模で広がりを見せていることから,日本においても日本版 MOOC「JMOOC」が設立されました.このような教育資源のオープン化が進む一方で我が国においては 2004年の著作権法改正により教育現場における著作物利用に関する規制が一部緩和されたもののインターネットを利用した教育活動においてはまだまだ厳しい制限下に置かれています.教育のオープン化に拍車がかかる今日,大学はオープン教育リソースの潮流をどのように受け止め,活用すべきか,日本の著作権法の現状を踏まえてオープン教育リソースについて皆様と一緒に考える契機となればと存じます.
  5. 個人発表募集:例年どおり,個人発表を募集いたします.詳細は本ニューズレター6 ページ「事務局からのお知らせ・お願い」および 本協議会 Web サイトをご覧ください.
  6. 会員大学の現状紹介:大学 e ラーニング協議会会員校の今年度の ICT 活用教育の実施状況について,冊子にまとめて配布します.
プログラム(時刻は変更される可能性があります)
13:00~13:30 総会(会場:本館 2 階 A28 教室)
13:30~13:40 開催校挨拶 柏木 隆雄氏(大手前大学・学長)
13:40~13:50 会長挨拶 穂屋下 茂氏(佐賀大学)
13:50~14:35 基調講演l 秋山 卓也氏(文化庁長官官房著作権課課長補佐)
14:35~15:20 基調講演2 重田 勝介氏(北海道大学)
15:20~16:00 休憩・企業展示
16:00~18:20 事例発表
18:20~18:30 閉会挨拶
19:00~21:00 情報交換会
会場は大阪駅(梅田)周辺を予定しております.

※ 上記は,現時点の案であり,当日までに変更される可能性があります.

※ 幹事校については,3月13日(金) 11:00~12:00 で幹事校ミーティング (会場:CELLカンファレンス)を予定しております.

同日開催セミナーのご案内

大手前大学のeラーニング教材制作を行う「株式会社デジタル・エデュケーショナル・サポート」による,JMOOC教材制作のセミナーを開催いたします.

  • 日 時:2015 年3 月13 日(金)10:00~11:30
  • 会 場:大手前大学さくら夙川キャンパス メディアライブラリーCELL001(予定)
  • テーマ:JMOOC 教材の作りかた
  • 主催:株式会社デジタル・エデュケーショナル・サポート
情報交換会
  • 会場:お好み焼 つる家 (つるや)
  • 時間:19:00~21:00
  • 所在地 :大阪府大阪市北区小松原4-6
  • アクセス:阪急本線 梅田駅 徒歩5分
  • 電話番号:06-6361-0613
  • 参加費 :4,000円

大手前大学からは,JRを利用されるなど各自ご移動をお願いします.JR利用の場合、大学最寄のさくら夙川駅まで徒歩7分、さくら夙川駅から大阪駅まで18分(各駅停車) 大阪駅からお店まで徒歩5分です.

著作権に関わる質問募集

基調講演をお願いしております文化庁の秋山様のご厚意により,各大学での著作権に関する課題や質問について講演内で取り上げていただく予定をしております.特にデジタル教材は、対面(教室)授業とは著作権の取り扱いが異なることから、お悩みの大学もあるのではないでしょうか.各大学で直面されている著作権に関わる悩みを是非お寄せください.

質問送付先:
大学eラーニング協議会 代表幹事校 大手前大学(担当 西尾)
uela2014@googlegroups.com

報 告
2014年5月26日 NPO法人CCC−TIES シンポジウム(2014.6.14)

 協議会加盟大学である,帝塚山大学を中心として大学間の授業内容の共有を図っているNPO法人CCC-TIESが開催するシンポジウムについてご案内いたします.

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
◆◆ TIES シンポジウム開催 ◆◆
 『オープンエデュケーションに直面する日本の大学 〜 post MOOCとCHiLOの可能性 〜』
主催:NPO法人CCC-TIES
共催:放送大学
後援:一般社団法人日本オープンオンライン教育推進協議会(JMOOC)
   独立行政法人 国際交流基金(交渉中)
   帝塚山大学 
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

【日時】6月14日(土)14:00〜18:30 (開場 13:30〜)
【会場】 一橋大学一橋講堂 (東京都千代田区一ツ橋 2-1-2 学術総合センター内)

【参加費】
NPO法人CCC-TIES会員:1,000円
NPO法人CCC-TIES非会員:3,000円

▼ シンポジウムの詳細・参加お申し込みはこちら ▼

【プログラム】
------------------------------------------------------------------------------------------------
◆ 開会挨拶 ◆ :(14:00〜)
------------------------------------------------------------------------------------------------
放送大学学園 理事長 白井克彦
------------------------------------------------------------------------------------------------
◆ 基調講演 ◆ :(14:15〜)
------------------------------------------------------------------------------------------------
テーマ:<日本のOpen Educationの展望とCHiLOへの期待>
講師: 放送大学長 岡部 洋一

------------------------------------------------------------------------------------------------
◆ 招待講演 ◆:(15:05〜)
------------------------------------------------------------------------------------------------
テーマ:<Post MOOC時代の大学教育—オンライン教育を取り入れた教育の質向上の試み>
講師: 東京大学教育企画室特任准教授 船守 美穂

------------------------------------------------------------------------------------------------
◆ 一般公演 ◆:(15:50〜)
------------------------------------------------------------------------------------------------
テーマ:<JMOOCの現状と展望>
講師:JMOOC事務局長/明治大学 福原 美三
 
------------------------------------------------------------------------------------------------
◆ 報告 ◆  :(16:15〜)
------------------------------------------------------------------------------------------------
テーマ:<Post MOOCとCHiLOの可能性>
講師:NPO法人CCC-TIES  堀 真寿美

------------------------------------------------------------------------------------------------
◆ 一般公演 ◆:(16:35〜)
------------------------------------------------------------------------------------------------
テーマ:<Can-doシラバスに基づくオンライン日本語教材
       「にほんごにゅうもんA1(NIHONGO STARTER A1)」の開発>
講師:国際交流基金  簗島 史恵

テーマ:<放大MOOC「にほんごにゅうもんA1(NIHONGO STARTER A1)」の実践:中間報告>
講師:放送大学 教授 山田 恒夫

------------------------------------------------------------------------------------------------
◆ パネルディスカッション ◆  (17:30〜)
------------------------------------------------------------------------------------------------
テーマ:<Open Education と日本の大学>
座長:CCC-TIES 小野 成志
パネリスト: 船守美穂 /福原美三 /山田恒夫 /堀真寿美

------------------------------------------------------------------------------------------------
◆ 情報交換会◆  (18:40〜)
------------------------------------------------------------------------------------------------
会場:学士会館 参加費:5,000円

【概要】
2012年にブームとなったMOOC(Massive Open Online Courses)は、 高等教育に革命をもたらすと言われ、世界的な広がりをみせました。 ところが、既にMOOCの時代は終わり、post MOOCが囁かれつつあります。 本シンポジウムでは、CHiLOが放送大学OUJ MOOCのプラットフォームとして採用されたことを記念し、 オープンエデュケーションに直面する日本の高等教育機関に対して CHiLOは、今後どのような役割を果たすことができるか、 また、オープンエデュケーションにより日本の高等教育は今後どのように変貌して行くのか について議論をいたします。

▼ シンポジウムの詳細・参加お申し込みはこちら ▼


報 告
2014年2月3日 「大学eラーニング協議会・大学間連携共同教育推進事業 合同フォーラム2013」の参加受付を開始しました(申込期限を2月28日(金)まで延長しました)

今年度のフォーラムは,本協議会がステークホルダとして参画している,大学間連携共同教育推進事業「学士力養成のための共通基盤システムを活用した主体的学びの促進」と合同で開催いたします.詳細はリーフレットをご覧ください.

参加のお申込みはこちら(締め切りました)からお願いいたします.申込期限を2月20日(木)とさせていただきますので,よろしくお願いいたします.(申込期限を2月28日(金)まで延長しました)

リーフレット
会場配置図
申し込みフォーム(締め切りました)

◆大学間連携共同教育推進事業
「学士力養成のための共通基盤システムを活用した主体的学びの促進」
◆大学eラーニング協議会
合同フォーラム2013「一斉授業からICTを活用した反転授業へ」

■開催場所:佐賀大学本庄キャンパス教養教育
■開催期日:3月6日(木)・7日(金)
■趣旨
 これまでの大学教育では,実習や演習を除けば,大学で一斉授業を受講し,授業時間外に復習・予習を行うのが一般的であった.ところが,ここ数年,学生が復習・予習などの時間外学習に費やす時間が短くなってきていることから,単位の実質化の実現が困難になりつつあるという問題が指摘されている.この対策として,同期型遠隔授業,VOD型フルeラーニングなど様々なICT活用教育が多くの大学で実践されている.さらに,ここ数年,学生が能動的に授業に参加する「アクティブ・ラーニング」や知識の獲得などの学習は時間外に行い授業ではディスカッションや協同学習等を行う形式の「反転授業」という言葉を耳にするようになった.
 これまでのICT活用教育において利用してきたeラーニング教材等は,反転授業における自宅での知識獲得などの学習に容易に利用できる.しかしながら,教材が十分に揃っているとは言い難く,実施体制などの問題点も多い.本フォーラムでは,ICT活用教育の現状を明らかにしながら反転授業への可能性を探っていく.

■スケジュール等
3月6日(木)
 13:00 受付開始
 13:30 – 13:40 主催校挨拶
 13:40 – 13:50 代表校挨拶
 13:50 – 14:10 大学間連携共同教育推進事業の概要
 14:10 – 15:00 基調講演1
  (猪股志野氏:文部科学省 高等教育局 大学振興課 大学改革推進室長)
  演題:大学間連携共同教育推進事業に期待すること(仮)
 15:00 – 15:10 休憩
 15:10 – 16:00 基調講演2
  (岡本敏雄氏:京都情報大学院大学教授/電気通信大学名誉教授)
  演題:ICT活用教育の現状とこれから(仮)
 16:00 – 16:10 休憩
 16:10 – 17:30 大学間連携共同教育推進事業成果報告
 17:30 – 18:20 ディスカッション
 18:20 – 18:30 閉会
 19:00 - 20:30 情報交換会

3月7日(金)
 10:30 受付開始
 11:00 – 11:30 大学eラーニング協議会総会(加盟大学のみ)
 11:30 – 15:30 個別事例発表・質疑応答(どなたでも参加可能です)
 15:30 閉会

報 告
2013年2月28日 「総会・フォーラム2012」のプログラムが決定しました. 報 告
2013年2月1日 「総会・フォーラム2012」の参加受付を開始しました.

大学eラーニング協議会「総会・フォーラム2012」を2013年3月15日(金)に関西大学で開催いたします.

詳細は以下のとおりです.

参加申し込みはこちらからお願いいたします.

  1. 日 時:2013年3月15日(金)午後
  2. 会 場:関西大学 千里山キャンパス 第4学舎3号館
  3. テーマ:eラーニングのパラダイム変化への対応
  4. 趣 旨: クラウドコンピューティングが急激に普及し,大学教育の教育学習環境も大きく変化しようとしています.日本では,総学修時間の確保が教育の質向上の始点と位置付けられています.
    eラーニングを核とするICTを活用する教育において,大学間での教材コンテンツの共有のクラウドを利用した試行実証が本協議会の加盟大学により進んでいます.また,eラーニングとeポートフォリオのシステム連携も進んでいます.これらを活用し,学生を主体的に学ばせる仕掛けや働きかけの実践ノウハウが重要となっています.
    本フォーラムはこのようなノウハウを共有できることを主眼とし,クラウド,ディジタル教科書,総学修時間,自律的学習,ラーニング・スペースなどをキーワードとして,eラーニングのパラダイム変化への対応を進める契機にしたいと考えています.
  5. 参加費:フォーラム 会員大学(賛助会員を含む)無料
              非会員大学(機関)資料代込み 1人1000円
         懇親会:4000円 ※フォーラム参加費・懇親会費は当日受付にてお支払い下さい.
  6. 参加申し込み期限 3月8日(金)

プログラム(時刻は変更される可能性があります)

13:00〜13:30 総会 ※総会の出席は加盟大学のみとなります
13:30〜 フォーラム

(会場:第4学舎3号館)

13:30〜 会長挨拶
基調講演1 中川 哲 氏(日本マイクロソフト株式会社パブリックセクター文教ソリューション本部 業務執行役員 文教ソリューション本部長)
基調講演2 喜久里 要 氏(文部科学省高等教育局私学助成課・課長補佐)
15:20〜 大学間連携共同教育推進事業「学士力養成のための共通基盤システムを活用した主体的学びの促進」本年度成果報告
個人研究発表・個別事例発表,ラウンドテーブル,部会報告 等
19:30〜 懇親会(大学内)

※プログラムについては,当日変更される可能性があります.

※幹事校については,11:00~12:00で幹事校ミーティングを予定しております.

フォーラムの内容は,基調講演・個人研究・個別事例発表,ラウンドテーブル,部会報告等を予定しております.プログラム詳細については,確定次第ご案内いたします.

関連ポスター(1.1MB)

参加申し込みはこちら

報 告
2013年1月21日 文部科学省大学間連携共同教育推進事業がスタートしました

本協議会の取り組みをベースに,文部科学省大学間連携共同教育推進事業がスタートしました.

本協議会加盟の,山梨大学・愛媛大学・佐賀大学・千歳科学技術大学・北西学園大学・創価大学・愛知大学・桜の聖母短期大学の8大学が連携して,学士力の基礎となる数学,英語,日本語,情報,学修観に関するプレースメントテストの作成と,関連した学びを実現するeラーニング教材の整備を行うことになりました.その成果は,本協議会が運営する共通基盤クラウド(ニフティクラウド)上で展開されます.

開発されるプレースメントテストやeラーニング教材は,本協議会加盟大学の皆さんも自由に活用できるようになります.現在は,リメディアル向けの数学(千歳科学技術大学),日本語(愛知大学),TOEIC英語(マクミラン社 プリズム)教材の提供に向けて準備をしています.大学内でリメディアル向けに教材利用を希望する加盟大学は,事務局までお問い合わせください.アカウント配布後に,下のURLのホームページから「共通基盤教育システム CIST-Solomon」にアクセスしてください.

http://eight-univ.spub.chitose.ac.jp/


報 告
2012年11月8日 大学eラーニング協議会(UeLA)公開フォーラムの開催について

公開フォーラムを開催いたします.

昨年度と同様に,「e-Learning Awards2012フォーラム」のプログラムとして開催いたします.

今回は,本協議会がステークホルダとして参画している,大学間連携共同教育推進事業「学士力養成のための共通基盤システムを活用した主体的学びの促進」の取組概要を広く周知することを目的に,取組の説明を行います.なお,本協議会と連携大学の共催で実施いたします.

日時:11月30日(金)14時50分〜15時40分

場所:秋葉原UDX Gallery Next 2

テーマ:学士力養成のための共通基盤システムの活用

講演者:小松川 浩(千歳科学技術大学)

是非ご参加くださいますよう,お願いいたします.

ご参加の際は,e-Learning Awards 2012の公式ウェブサイトから,必ず「参加登録」をしていただきますよう,お願いいたします. 「e-Learning Awards2012フォーラムの詳細は,こちらをご覧ください.

報 告
2012年11月8日 NPO法人CCC−TIES シンポジウム
オープンエデュケーションは大学をどう変えるのか

 協議会加盟大学である,帝塚山大学を中心として大学間の授業内容の共有を図っているNPO法人CCC-TIESが開催するシンポジウムについてご案内いたします.

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
NPO法人CCC−TIES シンポジウム
オープンエデュケーションは大学をどう変えるのか
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

【日時/会場】
12月8日(土)10:00〜18:20
大阪大学中之島センター(大阪市北区中之島4丁目3−53)
アクセスマップ

【参加費】
NPO法人CCC-TIES会員:1,000円
NPO法人CCC-TIES非会員:2,000円

【プログラム】
午前の部
日本におけるオープンエデュケーション (10:00〜)
テーマ:<日本におけるOEと放送大学における現状>
講師: 放送大学長 岡部洋一氏

テーマ:<NPO法人CCC-TIESのオープンエデュケーションへの取組>
報告: NPO法人CCC-TIES 堀真寿美

午後の部
世界のオープンエデュケーションとその展望 (13:30〜)
テーマ:<グローバル化する高等教育とオープンエデュケーション:協調と競争が織り成す未来>
講師:京都大学 高等教育研究開発推進センター 飯吉 透氏

テーマ:<高等教育とオープンアクセス:オープンエデュケーションのビジネスモデルの可能性>
講師:独立行政法人 大学評価・学位授与機構 土屋 俊氏

■ パネルディスカッション:オープンエデュケーションがもたらす大学の未来 ■

テーマ:<オープンソースコミュニティの視点からみたオープンエデュケーションの可能性>
発表:株式会社mokha 代表取締役 安東孝二氏

テーマ:<電子出版の視点からみたオープンエデュケーションの可能性>
発表:大日本印刷株式会社 長丁光則氏

情報交換会 :会費:5,000円(18:30〜)

【キーワード】
コンテンツ共有,eラーニング,電子書籍,オープンソース,オープンエデュケーション,知識基盤社会、コミュニティ,eリソース,生涯学習

今,大学教育が大きく変わろうとしています.本シンポジウムでは,オープンエデュケーションの第一人者の方々をお招きし,その動向をご報告頂くと共に,企業の方々も交えて,オープンエデュケーションがもたらす大学の未来,そして,これからの大学がどうあるべきかを議論します.

 ▼ 詳細・参加お申し込みはこちら ▼


報 告
2012年7月18日 大学eラーニング協議会(UeLA)全体ミーティング
大学ICT推進協議会(AXIES)学術・教育コンテンツ共有流通部会「第2回ワークショップ研究会」
の開催について【申込期限:8月8日(水)】
報 告
2012年7月18日 NPO法人 CCC-TIES 夏のシンポジウム

協議会加盟大学である,帝塚山大学を中心として大学間の授業内容の共有を図っているNPO法人 CCC-TIES 夏のシンポジウムが 8月9日に札幌学院大学・社会連携センターにて開催されます. このシンポジウムでは、eラーニングコンテンツの質保証をテーマに充実したプログラムを予定しております. 協議会の教材共有の取組も紹介させて頂きます.北海道の大変良い時期の開催ですの で,お時間のある方は是非ともご参加下さい. 詳細は,以下ご案内,添付しました案内チラシ等をご覧ください.

-------◆シンポジウム開催のご案内 ◆-------
8月9日(木)にNPO法人CCC-TIES 札幌学院大学の主催にて, NPO法人CCC-TIES 夏のシンポジウムを開催いたします. 今回も専門の講師をお招きし,デジタルコンテンツの共通化と標準化を切り口に. 今後のデジタルコンテンツの共有と流通の課題、そして展望を探ります. ご興味のある方は是非ご参加ください.

▼詳細・参加お申込みはこちら
▼案内チラシはこちら

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
NPO法人CCC−TIES 2012夏のシンポジウム in Hokkaido
ICTを活用した今後の教育の方向性を探る
- デジタルコンテンツの質保証 -
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

日時 8月9日(木)10:00〜16:40
場所 札幌学院大学 社会連携センター(札幌市中央区大通り西6丁目)
主催 NPO法人CCC-TIES/札幌学院大学
1.(10:10〜10:50)
 高等教育におけるeEverything:e-learning, e-library, e-publishing &c
  ○ 独立行政法人 大学評価・学位授与機構 土屋 俊氏
2、(11:00〜11:40)
 学習の共同性と社会性を活かした学習環境のデザイン
  ○公立はこだて未来大学 美馬のゆり氏
3、(12:40〜13:20)
 生涯学習社会における学習コンテンツの持続的開発と流通
  ○放送大学 山田恒夫氏
4、(13:30〜14:10)
 大学連携によるデジタルコンテンツ共通基盤
  ○千歳科学技術大学 小松川 浩氏
5、(14:40〜16:35)
 パネルディスカッション「デジタルコンテンツの質保証」
  ○ 司会:札幌大学 大森義行氏
   ・入学前教育のデジタルコンテンツ/札幌学院大学 石川千温氏
   ・学部教育のデジタルコンテンツ/名古屋学院大学 児島完二氏
   ・キャリア教育のデジタルコンテンツ/帝塚山大学長 岩井 洋氏
   ・生涯教育のデジタルコンテンツ/明治薬科大学 日野文男氏

▼詳細・参加お申込みはこちら
▼案内チラシはこちら

報 告
2012年7月1日 ニューズレターを発行しました(No.5). 報 告
2012年3月22日 熊本大学にて「総会・フォーラム2011」を開催しました. 報 告
2012年3月6日 「総会・フォーラム2011」のプログラムが決定しました. 報 告
2012年2月3日 「総会・フォーラム2011」の参加受付を開始しました.

大学eラーニング協議会「総会・フォーラム2011」を2012年3月16日(金)に熊本大学で開催いたします.

詳細は以下のとおりです.

参加申し込みはこちらからお願いいたします.

  1. 日 時:2012年3月16日(金)午後
  2. 会 場:熊本大学 黒髪南地区(熊本市黒髪2丁目39-1)
  3. テーマ:学習者の意欲と達成感を引き出すeラーニングの開発と運用
  4. 趣 旨: eラーニングによる教育の提供において,従来型の教育と異なる特徴の一つは,「教える」というよりも「学ばせる」ためのツールや教材設計がしばしば取り上げられることであろう.eラーニングの成功の鍵はそこにあるとも言える.学習意欲,評価手法,進捗管理,学習成果物,LMS,教材開発,教育実践におけるeラーニング運用などをキーワードとして,より効果的に,より魅力的なeラーニングを提供するにはどうしたらよいかを考える契機にしたい.
  5. 参加費:フォーラム 会員大学(賛助会員を含む)無料
              非会員大学(機関)資料代込み 1人1000円
         懇親会:5000円 ※フォーラム参加費・懇親会費は当日受付にてお支払い下さい.

プログラム(時刻は変更される可能性があります)

13:00〜13:30 総会(会場:工学部百周年記念館)※総会の出席は加盟大学のみとなります
13:30〜 フォーラム(会場:工学部百周年記念館他)

(会場:工学部百周年記念館)

13:30〜 会長挨拶
基調講演 宇野 令一郎氏(ビジネス・ブレークスルー大学 統括責任者)
講演 高橋 浩太朗氏(文部科学省高等教育局大学振興課大学改革推進室学務係長)

(会場:工学部百周年記念館,工学部2号館211・212・214教室,総合情報基盤センター端末室)

14:30〜 個人研究発表・個別事例発表、ラウンドテーブル、部会報告 等
19:00〜 懇親会(大学近辺)

※プログラムについては,当日変更される可能性があります.

※幹事校については,11:00~11:30で幹事校ミーティングを予定しております.

フォーラムの内容は,基調講演・個人研究・個別事例発表,ラウンドテーブル,部会報告等を予定しております.プログラム詳細については,確定次第ご案内いたします.

関連ポスター(0.77MB)

参加申し込みはこちら

報 告
2011年12月6日 「総会・フォーラム2011(熊本大)」における個人研究発表・個別事例発表を募集します. 報 告
2011年12月1日 ニューズレターを発行しました(No.4). 報 告
2011年11月30日 秋葉原UDXにて「第3回公開フォーラム」を開催しました. 報 告
2011年11月10日 協議会公開フォーラム開催について

大学eラーニング協議会公開フォーラムを以下のとおり開催いたします.

今回は「e-learning Awards2011フォーラム」プログラムとして開催いたします.

詳細は以下並びに★「e-learnig Awards2011」公式サイト★をご覧ください.

  1. 日 時:2011年11月21日(月)16時00分〜18時00分
  2. 場 所:東京・秋葉原UDX 4階 UDX GalleryNext「Next1」
  3. テーマ:大学連携におけるe-learningの活用と教育の質保証への取組
  4. 発 表:電気通信大学、関西大学、佐賀大学、信州大学、帝塚山大学、熊本大学
  5. 講演概要:本公開フォーラムでは,先進的なeラーニング活用事例をご紹介するとともに,eラーニング,ICTを活用した質保証への取組みについて,加盟大学から講演を行います.具体的には,教育の質保証,大学連携,東日本大震災被災大学支援に関する取組みについて講演を行なうとともに,教材共有における先進事例である「TIES」の取組みについての講演を行い,参加者の皆様と意見交換を行います.
報 告
2011年8月12日 「2011年度 第1回全体ミーティング 会長挨拶・各部会ミーティングプログラムを公開しました」 報 告
2011年7月21日 「2011年度 第1回全体ミーティング」開催について.(2011.8.10 スケジュールを一部変更しました) 報 告
2011年6月16日 【プレスリリース】住商情報システム、CA Technologies、被災大学の授業継続を実現する高度教育システムへ、認証技術を無償提供 報 告
2011年5月20日 大学高度教育基盤システムによる教材利用受付を開始しました

4月22日にご案内いたしました,「大学高度教育基盤システム」(eラーニング)による教材利用受付を開始いたしました.

次の2つのサイトをオープンしました.

  • UeLAポータル(大学連携高度教育基盤システム 教材検索サイト)
  • 大学連携高度教育基盤システム(教材利用サイト=eラーニング環境)

詳しくはサービスのご案内お試しのてびきをご覧ください.

まず,1のUeLAポータルにて教材の概要をご確認いただき,実際の教材をご覧になるには,2の大学連携高度教育基盤システムでご確認ください.

報 告
2011年4月22日 大学連携高度教育基盤システムのサンプルサイトを公開しました. 報 告
2011年4月22日 【プレスリリース】大学eラーニング協議会,ニフティ,住商情報システム 被災大学を支援する インターネットを活用した高度教育基盤の提供を開始 報 告
2011年4月11日 【佐賀大学】被災学生への講義科目の提供について 報 告
2011年4月5日 東日本大震災被災大学への支援について(2011.3.25総会決定) 報 告
2011年4月4日 総会・フォーラム2010を開催しました. 報 告
2011年4月4日 福井県立大学と金沢工業大学を視察訪問しました.(第2部会主催) 報 告
2010年10月28日 「協議会全体ミーティング」開催について 報 告
2010年9月3日 JSiSE第35回全国大会にて「公開フォーラム」を開催しました. 報 告
2010年9月3日 「第2回公開フォーラム」を開催しました. 報 告
2010年7月9日 ニューズレターの発行を開始しました(No.1). 報 告
2010年7月2日 「第2回公開フォーラム」のプログラムを掲載しました. 報 告
2010年5月7日 「総会・フォーラム2009」を開催しました. 報 告
2010年5月7日 e-Learning WORLD 2.0における「産学マッチングコーナー」のご案内を掲載しました. 報 告
2010年2月5日 加盟大学イベント案内の紹介を始めました. 報 告
2009年12月17日 会員名簿を更新しました. 報 告
2009年12月15日 部会紹介に所属機関を追加しました. 報 告
2009年9月8日 「第1回公開フォーラム」を開催しました. 報 告
2009年8月6日 ホームページをリニューアルしました.
報 告
2009年4月2日 加盟大学の募集を開始しました.
報 告
2009年2月6日 「大学eラーニング協議会設立フォーラム」を開催しました. 報 告

協賛

関連リンク